探偵業務とナインボール

大阪府公安委員会探偵業届出 第62071391号

関西調査業協会加盟

ナビゲーション

浮気調査とナインボール

古い映画になりますが、「ハスラー2」(1986年)というビリヤードのナインボールを題材にした作品があります。
冒頭でナインボールについてのナレーションがあります。

ナインボールは番号順に球をポケットに落とす。
勝負を決めるのは9番の球である。
8球をモノの見事に決めても9番を外せば負ける。
最初、球をブレイクした時に9番を入れると、それで勝つ。
つまりナインボールは運のゲームだ。
 ― だが時には ― 
 ― 運も芸術である ― 

カッコいいナレーションです。
この哲学は探偵業務にも当てはまると思ってます。

例えば浮気調査で

浮気相手と会う頻度はカップルに因って様々です。
ほぼ毎日会うカップルもいれば、週1~2回、月イチや2~3ヵ月に1回など。
調査実施にあたって、会う日が特定できる場合もあれば、特定できない場合もある。
さらには、接触する頻度は多くても、ホテル利用や相手の自宅に宿泊する状況等、不貞の証拠になり得る接触が毎回あるとは限らない場合もある。
それでも調査方法はひとつです。
張り込み、尾行、撮影です。
1回の調査を堅実にこなす。
浮気相手と接触したが、食事をしただけでその日は別れる。
この場合、浮気相手(身元不明の場合)を尾行し居住先を判明させておく。
ナインボールで球を順番にポケットに落としてゆくように、一歩一歩結果に近づけてゆく。
かと思えば、あっさり1回の調査で結果をモノにする事もある。
まさにブレイクショットです。


調査の技術面においても

あらゆる状況を予測、想定しながら張り込みと尾行をします。
対象者にとっては必然的な行動であっても、探偵からすれば、どの様な対処をしなければならないかはの様なものです。
そうした中で如何に無駄なく、合理的に調査を進行させることができるか?
そこに経験値が必要なのです。
場合に因っては、全速力でダッシュしなければならない尾行もあります。
ほんの一瞬目を離しただけで見逃してしまう様な、神経を使う張り込みや撮影もあります。
集中力と体力、気力も十分に兼ね備えていなくてはなりません。
しかしながら、調査をミス無くこなしても証拠をとれなければ(浮気相手とホテルに行かなかった等)意味がない。
それらを「ハスラー2」のナレーションに絡めてと表現しましたが、
もちろんとひと括りにするつもりはありません。
良い結果をしかも効率良く出すには、運という要素を含みながらも、その基には豊富な経験値と質の高い技術が必要です。
エディ(ポール・ニューマン)がゲームで勝ちをとった時、こみ上げる喜びを小さくガッツで噛みしめる場面があります。
浮気調査で決定的瞬間を捉えた時、そんな気持です。

調査における運も芸術的に

それを目指してやってます。
まさにナインボールです。



  • 電話に出れないことがあります。
    その際は時間を開けて再度ご連絡いただけると助かります。